Healthy teeth all the time.

むし歯や歯周病を始め、親知らず、ホワイトニング、義歯、インプラントなど、
お口の様々なトラブルをトータル的に改善します。

インプラント

インプラントとは、ネジのような外見のチタン製の人工歯根を歯を失ったあごの骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けることで、歯としての機能を取り戻す治療法です。
まるで自分の歯の様に自然に噛める為、乳歯、永久歯に続く「第3の歯」とも呼ばれています。

インプラントの構造

インプラントは以下の3つの部品で構成されています。

人工歯根(フィクスチャー) + 連結部分(アバットメント) + 人工歯(上部構造)

インプラントの構造

インプラント治療は、まず人工歯根をあごの骨に埋め込むために外科手術を行います。
人工の歯根をあごの骨に埋め込んだ後は、それが骨と結合するまで3から6ヵ月ほど待ちます。骨との結合が確認できたら、インプラントに人工の歯を取り付けます。

インプラントの特長

インプラント治療は、健康保険が適用されない自由診療です。費用は1本30〜40万円ほどが相場とされています。
インプラント治療の特長は、保険が適用されるブリッジ治療のように「健康な歯を削る必要がない」ことと、入れ歯のようなガタつきもなく、「自分の歯と同じように噛むことができる」ことです。
きちんとした手入れと定期的なメインテナンスを続ければ、その治療効果は半永久的に持続します。
高額な治療費を払って受ける治療ですので、ご自分にとって必要なのはどのような治療なのかをお考えになり、じっくりとご検討されることをおすすめいたします。

インプラントQ&A
インプラントの手術は痛いですか?
局所麻酔をしますので、手術中に痛いということはないかと思います。ほとんどの患者様が想像していたより痛くなかったとおっしゃいます。麻酔が切れた時に、痛みが生じる場合がありますので痛み止めを服用します。術後2〜3日は、腫れる場合がありますが、これには個人差があります。
インプラントはどれくらいもつの?
現在インプラントの10年生存率はシステム、患者様の年齢などにより左右されますが、おおむね90%以上となっています。
インプラントは虫歯にはなりませんが、お手入れが行き届いていないと歯周病と同じような状態になります。これをインプラント周囲炎と言います。また噛み合わせの状態によっては、被せもの(上部構造)の破損が起こることもあります。
しかしながら、適切な診断と治療、毎日のブラッシング、定期検査がきちんと行われていれば大きなトラブルは少ないようです。
インプラントの治療期間中に食事は普通にとれますか?
手術後、当日から4日目ぐらいまでは柔らかいものをおすすめ致します。抜糸をしてから歯肉が治ってきたら普通に食事していただいて構いません。前歯のインプラントで人前で見える場合や歯が多く欠損している場合には仮歯や仮の入れ歯が必要になる場合があります。
PAGE TOP