Healthy teeth all the time.

むし歯や歯周病を始め、親知らず、ホワイトニング、義歯、インプラントなど、
お口の様々なトラブルをトータル的に改善します。

小児矯正

歯並びが悪いと、口もとの表情に悪い影響をあたえたり、食物が十分に噛めなかったり、歯の清掃がしにくくむし歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。
とくに子どもの場合、歯並びの土台となる骨格の成長に影響をあたえてしまうことがあります。
歯並びや咬み合わせで気になることがありましたら、まずはご相談ください。しっかりとカウンセリングを行った上で治療を行います。

お子さまにあった矯正

子どもの場合、美しい歯並び、正しい噛み合わせになるように早い時期から成長発育を見守ることが大切です。
あごの成長が途中の子どものころから、矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールすることが可能になり、キレイに仕上がる、抜歯する可能性が低くなるなどのメリットがあります。
逆にあごが成長する子供の頃に、悪い歯並びやお口に関する癖を放っておくと、あごの発育が正常に行われず、顔の形などに影響が出ることがあります。
早い時期に矯正を始めると、あごの成長を適切に誘導しながら治療を進めていくことができるので、より永久歯が生えるときに正しい噛み合わせにできる可能性が高くなります。

お子さまにあった矯正イメージ
矯正を始めるタイミング

矯正を始めるタイミングは、子どもが器具を使えるようになればいつでも可能ですが、顎の成長を治療に利用できる時期の方が、より良好な治療結果を期待できます。気になったときが治療時期と考えていただき、一度検診を受けることをお勧めします。

噛み合わせ治療の重要性

噛み合わせの異常をがあると噛む機能がうまく働かないだけでなく、体や顔のゆがみの原因になる他、コンプレックスとなることにより性格など心理面に影響があります。治療を開始する時期は、その方の噛み合わせの状態によりますが、できるだけ早期に取り組むことで、より効率的に改善できる場合もあります。

反対咬合(Before After)
反対咬合治療前反対咬合治療後
叢生(乱杭歯)(Before After)
叢生(乱杭歯)治療前叢生(乱杭歯)治療後
小児矯正のメリット

子どものときに矯正治療を行うメリットとしては以下の7つが挙げられます。

① 仕上がりが良くなる
② 歯並びが悪く生えてくる歯を減少させる
③ 顎の曲がりの程度を減らす
④ 手術の必要性が減る
⑤ 抜歯の可能性が減る
⑥ 装置をつける期間が短くて済む
⑦ 歯や顎への負担を減らすことができる

① 仕上がりが良くなる

歯の大きさが極端に大きく、いずれ抜歯が必要となるケースであっても、あごの成長をバランスよく保つ小児矯正では、矯正がより良く仕上がります。

② 歯並びが悪く生えてくる歯を減少させる

乳歯の抜歯タイミングをコントロールする事により、悪い方向に生える原因を減少させ、噛み合わせを良い状態に導きます。

③ 顎の曲がりの程度を減らす

あごの成長期において、かみ合わせが正しくない状態を放置する事により、よりあごの変形の悪化することがあります。あごの成長が残っている時期にかみ合わせを改善してあげる事により 、バランスのとれた偏りの無いかみ合わせに改善される可能性も十分あります。

④ 手術の必要性が減る

歯の生え変わりの時期に、歯の傾きが原因で受け口になっている場合、放置する事により悪い傾きの歯にそって顎が成長し、成長が止まる頃には顎のずれが大きくなりすぎて、改善には顎の手術を併用した矯正治療が必要となることがあります。しかし、あらかじめ噛み合わせを治す事により、噛み合わせのバランスのとれた顎の成長が起こり手術の必要性が減少します。

⑤ 抜歯の可能性が減る

狭かったあごを広げたり、あごの成長を正しい形に促す事により、不必要な抜歯の可能性を減らす事ができます。例えば成長後矯正治療をした場合、2~4本の永久歯抜歯が必要な場合でも、小児期から矯正治療を行う事により、非抜歯にて治療が可能になる確率が高くなります。

⑥ 装置をつける期間が短くて済む

あらかじめ小児矯正時期に歯並びを改善する事により、本格矯正が必要となった時、治療期間を短くすることができます。

⑦ 歯や顎への負担を減らすことができる

早期に歯並びを改善する事により、生え変わり時期の悪い咬み合わせが原因となる極端な歯のすり減り、顎への負担を減少させます。

PAGE TOP